痛いからだ

  • HOME
  • 均整術とは
  • 当院について
  • 施術案内・施術の流れ
  • アクセス
  • ご予約
  • リンク

適応症状「夜尿症」

すぎなみ舞祭2015

杉並区の名物イベントとして区民になじんできた、子供が主役の踊りの祭典。

日時 10月18日 午前9時30分から4時30分

場所 都立済美山運動広場

内容 ダンスコンテスト 食べ物の模擬店など

 

杉並区西荻窪南口改札出て 徒歩1分 伊藤均整院(整体)です。坐骨神経痛(腰椎ヘルニア) 頸椎ヘルニア(ムチウチ症) 喘息 五週肩四十肩 膝関節痛 冷え性 胃腸障害などでお悩みの方、是非来院ください。必ず、満足いただけます。

夜尿症

は、夜尿症の定義として、おねしょがなかなか治らない状態を「夜尿症」と言う。目安は、5歳以上になって週3回以上おねしょをする場合を言う。夜尿症は5歳児で約15パーセント、10歳で約5パーセント、1歳年を取るごとに15パーセントが自然治癒していき、15歳で約1パーセントになる。また、小学生では男子より女児の方が多い。普通、睡眠時には尿を減らすホルモンが働き、尿の量は昼の半分程度になる。また、副交感神経が活発化する影響で、膀胱の容量が1,5~2倍程度にふえることもあって、睡眠時には尿は漏れない。しかし、夜尿症の子どもは眠りが深く過ぎることから、これらの作用上手くいかずおねしょをしてしまう。対策としては、夜、起こさない。焦らない。起こらない。夜、おねしょをするからと言って、夜中に時間を決めてトイレに連れて行くのは、子供の成長の妨げになるのであまりお勧めできない。自覚を促そうとしかりつけることも、子供が緊張して膀胱が収縮してしまうため逆効果になる。また、自然治癒力を待つと決めても、なかなか良くならないと、親のストレスとなり、つい、しかってしまう。また、幼稚園などお泊まり会などの時には、おむつなどでおねしょ対策を。おねしょを防ぐポイントとしては、尿は水分摂取後3時間程度で膀胱に溜まるので、睡眠の3~4時間前から水の摂取を控えめに。昼間、おしっこをする前に少しだけ我慢をさせることによって、肛門括約筋を鍛える。からだを冷やさないようにする。均整術では、体の捻じれを取り、体の冷え、腎臓、膀胱経を刺激して、怒らない、抱きしめてあげることをすすめる。下腹部を柔らかする。

▲ページトップに戻る

適応症状
健康と運動
最新の記事
  • 荻窪の整体 いとう均整施術所 ブログ
  • 荻窪